やはり家庭教師は学力アップにつながる

少子化が進み学習塾の1クラス定員も減少傾向にあるなかで、かつて学習塾では手が届かなかった生徒に対するきめ細かな指導を行うゆとりが出てきたようです。しかしそのような学習塾の変化を踏まえた今日にあっても、依然として学力向上という点では家庭教師に一日の長があるようです。

その理由の第1は、生徒一人を対象としているために完全に生徒個人に合わせたプログラムに基づいた指導が出来る点にあります。このことにより、例えば苦手分野に多く勉強時間を割く、あるいは得意科目や分野については少し難しめの問題にチャレンジするなど、科目や分野の学力に応じて柔軟に学力を伸ばす対応が出来るようになります。学習塾においても学力別クラス編成というのは一般的ですが、それは例えば英語なら上級クラス、数学なら基礎クラスというように、科目ごとの学力別クラス編成というのが一般的であると思います。

これに対して家庭教師は完全個別対応プログラムですから、科目ごとではなく分野ごとに取り組むレベルを変化させることができ、そのことが結果として全体の成績を効率的に伸ばしていくことが可能です。

第2の理由は、家庭教師は生徒一人に一人の教師ですから、各教科の指導のみならず学習全体のアドバイザーとしての指導ができることにあります。学習塾における指導が教科ごとに別の講師が行うのが一般的ですが、このことは生徒の学習時間の中でどの教科をどれだけ学習すればよいか、学習時間における科目のバランスを指導することを難しくします。そのためいつまでたっても苦手教科を勉強しない生徒に対する指導が行き届かないことがあります。

これに対して家庭教師は、それぞれの教科をどれだけ勉強したのかを細かくチェックすることが出来ますから、バランスの取れた指導を行うことができます。言い換えると家庭教師には勉強のペースメーカーとしての役割も期待できます。また家庭教師にはやむを得ない時には授業日時を変更できるというメリットもあります。中学生・高校生になると部活や学校行事などでどうしても学習塾の授業に出席できない時があります。

とりわけ学校や部活の中心的存在としての役割が求められる中学2年や高校2年時にはこうしたことがよくあるようです。大事な授業を聞き逃すことが無いということは、多忙な学校生活を送る中学生や高校生にとっては大きな助けとなります。

塾と家庭教師どちらがいいか悩むなら

教育には大勢の人数が対象の学習塾が良いのか、個別に指導が受けられる家庭教師が良いのかという議論があります。学習塾にはそれなりに良いところがあります。一緒に学ぶ生徒の中にはライバル関係の人もいます。そんな人と学習内容の理解の速さや、進み具合といった部分の比較ができます。もちろん学習塾の一つのクラスの生徒のレベルがそろっていることが大事です。様々なレベルの生徒が一緒に授業を受けるようだと理解度の差が生じ、学習速度が速い子にも遅い子にも問題が生じます。学習レベルの差のない生徒を集めて行う学習塾の授業は理想的だと思われます。

さて家庭教師はどうでしょう。家庭教師は生徒と先生が一対一での授業となります。その際、画一的な授業は一切不要です。ある程度レベルが分かれば、その生徒の苦手な部分のみに力を入れればよいのです。得意部分を伸ばすとという目的でも、苦手部分を補う目的でもそれに応じた時間の使い方ができます。

一時期、個別指導塾というのが流行りました。塾でありながら生徒への指導は一対一で行われる塾です。学習塾や家庭教師の良い所を合わせたような指導方法ですが、一人の先生が複数の生徒を担当するため、家庭教師に比べるとやはり効率は落ちると思われます。学習レベルには人それぞれ差があることは間違いありません。それを考えると画一的な学習塾より、個別に細部の指導が受けられる家庭教師の方が伸びるのではないでしょうか。

やっぱり家庭教師をおすすめしたい

学習塾と家庭教師、成績を上げるならばどちらを選べばいいでしょうか? 私は断然、家庭教師のほうをお奨めします。というのは、基本的に学習塾というのは他の人達の基準に合わせなければならないからです。学習塾のカリキュラムによっては、自分が得意でもうやらなくてもいいことを繰り返し勉強する羽目になることがあります。また逆に基礎さえ身についていない分野の応用問題をやらされて、全くついていけなくなってしまうことがあります。

これらのことは家庭教師について勉強する場合にはありえないことです。家庭教師を利用すると、それぞれの生徒の学習の進度や理解度に合わせて効率よく学ぶことができます。また学習塾では多くの場合、先生一人に対して大勢の生徒を一度に教えなければいけない状況で、積極的に質問ができない生徒は最後まで受け身の勉強になってしまいます。この点でも家庭教師はマンツーマンなので疑問に思ったその瞬間に質問をすることができ、学習塾に通う場合よりも優れています。

生徒一人一人に目を配ることができ、その生徒に合った学習内容を計画することができる家庭教師が学習塾に勝っているのは当然のことです。もちろん、家庭教師も個々の先生によって能力差があるので、慎重に選ぶようにしましょう。よい先生を選ぶことができれば、家庭教師は、他のどのような選択肢よりも効率よく成績をあげることができるでしょう。